ビットコイン BTC(2021年7月1日)

ビットコイン

① ビットコイン BTC 月足


370万円

本日6月の月足が確定した。
残念ながら下髭の長い陰線ピンバー。

ここはどうしても陽線で
引けて欲しかった。

一時400万円台に乗せるも
そのあと買いが続かなかった。

しかしフィボナッチの0.618の
338万円前後は非常に固く
5月に続いて6月も割り込むも
下髭となってサポートした。

7月相場も一旦下を試すも
340-360万円で反発と見る。

最近は週足も月足も
期初で下落すれば期末は上昇
期初で上昇なら期末は下落と
逆に引けることが多いので
週初月初の下落は仕込み場。

楽観的に見てはいるが
米FOMCを控えているので
結果次第で急落もある。

 

 

② ビットコイン BTC 週足


先週末は下髭陽線と
引けにかけて頑張った。

50日線がサポートするも
下落トレンドからは
抜けられず強気にはなれない。

20日線と50日線の間で
ボックス相場が継続。

一目雲は上昇中だが
テクニカル的にはもみ合い。

しかし大きなファンダがあれば
上にも下にも動くことはある。

 

③ ビットコイン BTC 日足


三角保ち合い継続。
昨日今日と陰線となり
350万円前後で底打ちなるか。

先日上限突破したチャネルの
上限ラインがサポートとして意識。

上も下も固いことから
もみ合って放れた方に
ついていくのが吉となろう。

 

 

④ ビットコイン BTC 4時間足


雲上限がサポートしているも
綺麗なヘッドアンドショルダー形成。

一度360万円前後まで下落して
三尊否定となれば理想的。

RSI下向き・MACDがDCも
あまり気にしなくてよさそう。

週足の着地点を含めて
今週の動向が肝となるだろう。

 

 

⑤ ビットコイン BTC 総括

6月の月足が陰線ながら
長い下髭を形成したピンバーに。

どうしても陽線が良かったが
これだけ下髭をつけたので
一旦は下落したとしても
下値は限定的と見ている。

月足のフィボナッチで
0.618もサポートしているので
今月も下値は350万円までか。

ただ米FOMCの結果待ちで
結果次第では失望売りも。

失望売りで売られたところは
逆張りでロングで攻めたい。

ETF申請や法定通貨など
ポジティブ材料はあるものの
なかなか4万ドルは抜けられない。

360-400万円で時間的調整後
一気に4万ドルの壁を抜ければ
仮想通貨バブル崩壊したと嘆く
投資家の再度介入も期待できる。
我々はその前に仕込みたい。

私は390万円から320万円台まで
分割で買い下がってきた。
先日の400万円台で一部利確も
再度本日372万円で一部買い戻し。
360万円前後も待っている。

細かく逆張っていると
ビットコインの枚数も増える。

このもみあいの水準で
上手く仕込み・利確して
増やしておくのがベスト!

 

※ 注意

当ブログは買い推奨するだけで
上昇を保証するものでもありません。
あくまで投資・売買は自己判断で。

 

#仮想通貨 #アルトコイン

#ビットコイン

#ビットコインキャッシュ

#イーサリアム #リップル #ネム

#BTC #ETH #XRP #NEM #XEM

#IOST #BCH

コメント

タイトルとURLをコピーしました