アイオーエスティ― IOST(2021年6月3日)

アルトコイン

① アイオーエスティ― IOST 月足


0.035ドル(約3.85円)
※ 1ドル110円計算

2020年は0.005ドル前後で推移。
日本円にして約0.55円。

21年4月には0.09ドルまで急騰。
日本円にして約9.9円。

約18倍まで急騰した!

その後は仮想通貨全体が
急落となり大きく調整。

一旦底打ちの様相で
6月からは底固め相場へ。

3月の実態線である
0.035‐0.053ドルで
ローソクを形成してくれれば
年内に再度高値奪回も
現実味を帯びてくるだろう。

ここまで一気に調整したので
余程大きなファンダ材料が無いと
V字での回復は考えづらい。

 

② アイオーエスティ― IOST 週足


21年2月から形成していた
上昇平行チャネルからは
大きく割り込んでしまった。

50日線でサポートされて反発も
25日線でレジスタンスされている。

出来高は減少しており
MACDはDCとなっている。

まずは数週間かけてでも
5月第3週につけた大陰線を
帳消しにできる陽線が欲しい。

 

③ アイオーエスティ― IOST 日足

下値のボックスで推移。
強い動きとは言えない。

短期・中期・長期の移動平均線が
全てローソクの上にある。
ここを抜けてこなければ
復活相場は実現しない。

更に上に一目雲もあり
現在のパワーでは抜けられず
もう1-2回調整して
深掘ってからの上昇が理想。

このままボックスを抜けても
すぐに跳ね返されてしまう。

 

④ アイオーエスティ― IOST 4時間足


調整一巡後はボックスで推移。
直近の値動きでは陽線形成で
上昇トレンドラインが見える。

しかしこのボックスを抜けても
優位性は感じられない。
環境変化を起こしたと言えず
新規で試し玉を入れるにも
時期尚早なのではないか。

 

⑤ アイオーエスティ― IOST 総評

日本ではコインチェックに上場。
朝倉未来選手が投資したことで
一躍有名なコインとなった。

DeFiやNFT関連コインとして
個人投資家の注目度も高い。
高値で掴んだ投資家も多いはず。

しかし現時点で言えるのは
復活は相当の時間を要すだろう。

暴落からの一旦底打ちはしたが
買い意欲は非常に弱い。

高値で掴んだ一般投資家が
少しでも上がったところで
ロスカットしようと待っている。

将来性は見込めるものの
ある程度の環境変化を確認してから
投資しないと塩漬けになってしまう。

大きな出来高を伴っての
大陽線が形成されたら
そこから押し目でエントリーが吉。

見守っていきたい銘柄ではあるが
現在は静観した方が良いと思う。

 

※ 注意

当ブログは買い推奨するだけで
上昇を保証するものでもありません。
あくまで投資・売買は自己判断で。

 

#仮想通貨 #アルトコイン

#ビットコイン

#ビットコインキャッシュ

#イーサリアム #リップル #ネム

#BTC #ETH #XRP #NEM #XEM

#IOST #BCH

コメント

タイトルとURLをコピーしました