リップル XRP(2021年5月16日)

リップル

① リップル XRP 月足


171.5円

4月は大陽線形成で
60円から215円まで
1ヶ月で価格は3倍以上に!

5月は急騰からの調整や
BTCの調整から深掘るも
サポレジラインだった
160円を軽々と抜けたことで
再び高値更新が意識される。

ただ4月の急騰から
ボリンジャーの+2αを抜け
5月のローソクは丸々抜けてる。

これは一旦調整のサインか。
現在陰線ピンバー。

 

② リップル XRP 週足


4月1週目の大陽線から
翌週は200円台を突破も
買い一巡後は失速した。

それからは大きなボックスで
推移していることがわかる。

現在は170円台で
ボックス上限突破間近。

トレンドラインも割り込まず
アセンディングトライアングルで
明確に上に抜けたら
ネクストステージ入りに。

 

③ リップル XRP 日足


1ヶ月以上かけて作った
三角保ち合いから上抜け。

まだ確定足ではないので
突破したとは言い難いが
このまま抜けてくるようなら
今週は182円トライへ。

次の節目の182円を
抜けてくるようなら
再び200円を目指すだろう。

ただ182円の壁は厚そう。
一旦トライも跳ね返され
2-3度目のトライで抜ければ
その方が理想的だと思う。

 

④ リップル XRP 4時間足


日足とは多少違うが
やはり三角保ち合い突破。

一気に大陽線で抜けたので
勢いがついている。

まだ過熱感はないので
このまま182円トライでも
おかしくはないと思うが
BTCなどが調整フェースの中
独歩高で勢いは続くのか。

 

⑤ リップル XRP 総評

ビットコインやイーサリアムなど
大きく調整している中で
非常に勢いがある。

日足・4時間足でも
三角保ち合い上抜け。

未だ過熱感も無い中で
更に一段高となろう。

ただ月足が気になる。
ボリンジャーの+2αを
大きく抜けてしまっていて
このまま200円は考えづらい。

逆に急落の可能性も
視野に入れておく必要がある。

安値で仕込んだ長期玉は
もちろんガチホで良いと思う。

しかし140円前後で仕込んだ
短期玉は現値172-175円で
一旦利益確定も考えたい。

サポレジラインとして意識された
160円がサポートとなるようなら
160-162円が仕込み時か。

利確も仕込みも分割で。

 

※ 注意

当ブログは買い推奨するだけで
上昇を保証するものでもありません。
あくまで投資・売買は自己判断で。

 

#仮想通貨 #アルトコイン

#ビットコイン

#ビットコインキャッシュ

#イーサリアム #リップル #ネム

#BTC #ETH #XRP #NEM #XEM

#IOST #BCH #ADA #BCH #SFP

コメント

タイトルとURLをコピーしました