リップル XRP(2021年5月7日)

リップル

① リップル XRP 週足


173.7円

4月の週足を見ると
1週目は大陽線
2週目は陽線もピンバー
3週目に大陰線
4週目は陰線を包む大陽線

5月に入って現在は
コマとなっている。

すんなり上に抜けずに
迷いが生じているよう。

最終的には上だと思うが
一旦深掘る可能性も。

 

② リップル XRP 日足


171円

三角保ち合いを形成。
三角内で上昇トレンドを作り
一旦割り込むと下落。
再度上昇トレンドを形成し
現在はもみ合いとなる。

このまま一気に上抜けで
200円を試す展開と
一旦三角下限まで調整と
2つのシナリオを考えておく。

矢印の2月から3ヶ月以上も
一目雲は割り込んでいない。

同様にRSI40も一度も
割り込んでいない。

ということは下げても
140-150円で下げ止まるはず。
この水準まで深掘るなら
絶好の買い場になりそう。

RSI40割れ水準も
拾っておきたい。

そのまま200円突破なら
長期玉ガチホで臨みたい。

 

③ リップル XRP 4時間足


170.7円

直近安値95円から
直近高値188円まで
フィボナッチリトレースメントで
押し目を拾う水準を確認。

本日安値164円までつけ
0.236の166円を意識。
これが安値となるなら
一気に200円突破もある。

更に深掘るのなら0.382の152円。
0.5なら141円までとなる。

急騰前の安値が146円なので
140-150円があれば最後の買い場か。

ただ140円を明確に割り込むと
雲下限割れとなるので
時間的調整は必要に。

また4時間足レベルだと
RSI40割れは何度かある。

40を割れたところで買えていれば
その後は含み益となっている。
この水準も仕込み場になりそう。

 

④ リップル総合分析

長期的に見れば200円突破濃厚。

ただ目先の調整は欲しいところ。
このまま200円を抜けてしまえば
調整が甘かったことから
急落にもなりかねない。

理想は少なくとも150円台まで
調整してから直近高値奪回。

時間的にも1週間前後の
もみ合いがあれば良い。

ただアルトコイン相場全体が
かなり強いことから
引っ張られて抜ける可能性も。

このまま抜けて200円突破と
一旦150円前後までの調整と
2つのシナリオで考えておく。

どちらでも対応できるよう
準備が必要である。

 

 

#仮想通貨 #アルトコイン

#暗号通貨 #ビットコイン

#イーサリアム #リップル #ネム

#BTC #ETH #XRP #NEM #XEM

#IOST #CHZ #ADA #BCH #SFP

コメント

タイトルとURLをコピーしました